本文へスキップ

福井市エルパ西、中藤小学校北側の皮膚科クリニック。川見皮膚科クリニックです。

電話でのお問い合わせはTEL.0776-54-1112

〒910-0837 福井県福井市高柳3-3101

治療方針policy&FAQ

治療方針

方針イメージ

当クリニックでは、まず来られた方の症状が病気であるのかそうでないかを会話から確認し、病気の場合病名などを説明し、治療いたします。誰でもなる症状であればその旨を説明します。気になる皮膚の症状がありましたらお気軽にご相談ください。

治療の流れについて

  1. 初診

    受付を行います。健康保険証をお出しください。
  2. 問診

    現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
  3. 診断

    内服薬や外用薬だけで治るものなのか、それとも手当てが必要なのか、説明いたします。
  4. 治療計画の立案

    後日外科的治療を希望される場合、あらかじめ日時の相談をする場合があります。
  5. 治療

    すごく炎症を起こしている場合や即座に対応が必要な場合、すぐに治療にかかります。

FAQ よくあるお問い合わせ

予約はできないのですか?

現在当クリニックは予約制を取っておりません。受付時に待っている方の人数がわかりますので、どの程度の待ち時間ですとお伝えします。その間いったんクリニック外に出かけることも可能ですが、その場合受付のスタッフに出かけることと戻ってきたときに戻ってきたことをお伝えください。


シミの治療はしていますか?

当クリニックは塗り薬や飲み薬などで治療を行っております。また保険外診療となりますが、レーザー治療も行っております。シミといっても色々とあり、病気によって治療方針が変わりますのでお気軽にご相談ください。


いぼがなかなか治らないのですが?

いぼはヒト乳頭腫ウイルスの感染による、子供の手足に多い病気です。免疫が成立すれば自然に治ることもありますが、数が増え、他人にうつることがあるため治療をお勧めします。通常は液体窒素という非常に低い温度の液体で凍らせて治療するのですが、手のひら・足のうらは非常に痛みを強く感じるため、モノクロロ酢酸という酸で溶かす治療を行っています。通常は傷跡を残さないために、また再発の可能性が高いため、手術など1度で治る治療は行わず、1〜2週間に1度の治療を行い3か月程度での治癒を目指します。


水いぼがなかなか治らないのですが?

水いぼ(伝染性軟属腫)はウイルスによってうつる病気です。免疫が成立すれば自然に治りますが、人によっては体中に増えてしまうことがあります。治療はピンセットでとってしまうことですが、水いぼそのものをなくしてしまうことよりも、刺激を与えることで免疫が成立することを主な目的としています。免疫が成立しないと何度でも再発することがあります。増えてからよりも数が少ないうちのほうが苦痛が少ないです。


水虫がなかなか治らないのですが?

水虫(足白癬)はカビ(真菌)の一種である白癬菌の感染で生じます。カビの一種なので、靴で覆われ蒸れる場所全体に症状がなくても菌が存在します。足底の角質は厚く、塗り薬が届きにくいので、良くなってもやめずに両足全体に3か月間の外用が推奨されています。


アトピー性皮膚炎と言われたのですが?

アトピー性皮膚炎は、現在の皮膚科学の立場では、皮膚のバリア機能が低めでいろいろな刺激に負けやすい状態と考えられています。そのため痒みのある皮膚炎を起こすのですが、皮膚炎が生じたときはステロイド外用薬などの皮膚炎を抑える治療を、症状がいい時は悪化させないようなスキンケアが勧められています。現在の症状や治療に不安があるときはご相談ください。


ニキビがなかなか治らないのですが?

ニキビ(ざ瘡)は毛穴がつまって炎症を起こす皮膚の症状です。洗顔の時に前額部から眉間、鼻の周りや口の周りといった皮膚のあぶらが多く出る部分(脂漏部位と言います)を丁寧に洗うことが大切です。また、繰り返す場合、化粧をしなくても男性でも、時間をかけてオイルクレンジングを洗顔前にすると毛穴の詰まりがとれていい予防になりなす。それでも繰り返す場合、小さな毛穴のつまりを取るのに効果があるディフェリンゲルを処方しています。


とびひと言われたのですが?

とびひ(伝染性膿痂疹)は夏に子供によく起こる皮膚の症状で、皮膚の表面で最近が増えて化膿して起こります。別の場所や他の人にとんでうつることからとびひと言われます。治療の基本はよく洗うことで、補助的に抗生物質の内服や外用を行います。様々な細菌で起こすので何度か繰り返すことがあります。


乾燥肌と言われたのですが?

乾燥肌は水分が少ないことが本質ではなく、皮膚のあぶらが少ないためにカサカサしている状態です。そのために痒みを生じることがあります。できるだけ少ない皮膚のあぶらを取ってしまわないように、痒みが出やすい部分は石鹸やボディーソープの使用を控えたり、ナイロンタオルでこすったりしないようにすることが大切です。補助的に保湿剤の外用で皮膚のあぶらを補うようにします。


徐々に髪の毛が薄くなってきたのですが?

頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなる男性型脱毛の場合、リアップ(ミノキシジル)の外用やプロペシア(フィナステリド)の内服が医学的に有効であることがわかっています。ただし、継続して使用しないと効果がありません。リアップは薬局で購入することができます。プロペシアは当院で処方しています。



Kawami Dermatology Clinic川見皮膚科クリニック

〒910-0837
福井県福井市高柳3-3101
TEL 0776-54-1112
FAX 0776-54-0112

blogへ